スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『うみねこのなく頃に Banquet of the golden witch』プレイ感想と考察
先ほどEP3をクリア致しました!!

ということで、終わりたてホヤホヤの率直な感想と考察を書きたいと思います!

本編のネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意ください!

それでは、読まれる方は続きへどうぞ!
さてさて、EP3を終えたわけですが。。。
率直な感想を言えば、最後にしてやられたという感じでしたね。
最後のほうに来てから薄々『これは騙しだな』と思い始めましたが、
当然時すでに遅しで、すでに感動済みでした。w

まさかのツンデレ展開で来るとは、一体誰が予想できたであろう。w

ただ、前回の作品が圧倒的に人間犯人派にとって不利なものだったことから、
さすがにEP3とEP2が同程度の難易度になるとは思っていませんでしたが、
それでもあのお涙頂戴物語が偽りであったというのは、ちょっと信じたくないですね。
戦人に叱られたときのあのベアトの表情が作り物とは思えない自分がいます。
あそこは戸惑って本音の顔が出ていたんじゃないかなぁと。

今回のEP3は最後の場面へ行く直前までは、それなりに感動していました。
これはおそらく、自分だけではなく皆様もそうではないかと思います。
それとも、魔女相手に心を許した自分が愚かだったのでしょうか?w

これはツンデレではなくツンデレツンとでも言いましょうか。
最初はツンツン、やがてデレデレ、最後はツンツンで、結局殺される。
たいていのギャルゲはツン・デレで終わりですが、この作品はやはりツンで終わる。
おそらく、後はツン・デレ・ツン・ツン・ツン・ツン・・・・・・
ツンのがずっと続くのではないでしょうか。
いえ、もしくは戯れとして、どこかにヤンを挟むかもしれません。w

あとはまさかの魔女2人+上級家具3匹の追加。
家具は製作日記で写真を見ていたのでそこまで驚きませんでしたが、
絵羽が新たな魔女になるとは思いませんでしたね。
ベアトリーチェがずっと敵の大御所だと思っていただけに、少し戸惑いました。
結局絵羽は負けちゃったので、あまりルール自体に影響はないと思いますが。。。
しかし、あの黄金を見つけるっていうのは、かなり影響があると思います。
見つけた人間を疑心暗鬼、独占欲の塊にしてしまうという意味では、
もし譲治がアレを見つけたら全員に報告したか?と聞かれたらYESとは言い難いです。


そして、今回の作品は、人間犯人説を説く者にとってかなり重要なものになりました。

EP1では、このゲームを行なう闘技場における試合観戦の場を設けられ、
EP2では、『赤文字は真実である』という闘技場
(これについては、特典小冊子をお読みになると理解いただけるかと思います)
への参加の権利を用意され、
EP3では『悪魔の証明』『ヘンペルのカラス』『シュレディンガーの猫箱』
等の武器の使い方の指南を受ける。

今までも何回か『悪魔の証明』や『チェス版思考』いった、論理的戦術は出てきましたが、
これらを使った基本的な戦闘方法を垣間見れたのは今回が初めてではないでしょうか?

前作EP2においての最大の難点は『トンデモファンタジーバトルの解釈』でした。
ほとんどの方は『何かの比喩、または形容だろう』と推測していたと思います。
もちろん自分もその一人でした。
しかし、今回『シュレディンガーの猫箱』を使ったシーンがありました。
あの『双肩の塔』とか『ロンギヌスの神槍』とか『バリスタ弾幕』の出てきた、
トンデモファンタジーバトルPART2です。
この事象に対して戦人は、『戦った形跡がどこにも残ってない』として、
ベアトの攻撃を見事に回避しました。

これが意味するのは、『始まりと結果があれば、途中過程はいくらにも解釈できる』
とどのつまりは『途中過程なんてどうでもいい』ってことなのではないでしょうか?

真里亞と楼座が殺される場面でも、エヴァ・ベアトリーチェは非現実的魔法を使い、
何回もこの2人を殺しました。
その殺害の方法は『ゼリーの海に溺れる』『ケーキの山に潰される』『空から落ちる』
などでしたが、結局ケーキの山もゼリーの海も、どこにも残ってませんでしたよね?

楼座と真里亞は、この時点で誰かに殺されることが確定(始まり)し、
死ぬ(結果)ということが確定していた。
だから、エヴァが何回も殺そうが、最終的にベアトが慈悲深く優しく殺そうが、
そんなのはどうでもいいんです。
現場に残った結果は真里亞が絞殺死、楼座が串刺しという事実だけなんですから。

EP2で嘉音や紗音がベアト一味と戦ったのも、これで証明できます。
どんなマジックバトルをしようが、残ったのは彼らが死んだという結果のみ。

あのマジックバトルは、彼らが殺され始めてから死ぬまでの過程を、
魔女風に解釈してみただけ。だから意味は無いんです。

今までもこれからの作品も、こういった論理的戦術が主要武器になるでしょう。
今思えば、『悪魔の証明』も『ヘンペルのカラス』もごく普通のことしか言ってないんですよね。
ただ、これらの論理的武器に自分が気付けるかどうかといわれたら難しいですが。。。

インターネットがある今のご時世、いろいろ調べてみるのも面白いかもしれません。



以上、少し長くなりましたが、感想&終了直後のちょっとした考察でした!

皆様のご意見・ご感想をお待ちしております!m(_ _)m
スポンサーサイト
2008/08/18(Mon) | 考察(EP3終了) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

私も読み終わりました。
ツンデレのデレ期だと信じてたのに……でもまあ魔女様っぽいなとは思いました。
最後の南条殺しだけが、赤字だらけで解けません;
by: 魯々子 * 2008/08/18 18:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

自分も読破しました
南条殺しの犯人は確かに特定が難しい・・・というか、島には人間は18人しかいなくて内15人は死亡済み
生き残った3人の誰も犯人たりえないなんて・・・
いったい南条医師は誰に殺されたんでしょうか?
(あの赤字を信用したならば)
譲治殺しの犯人も誰なのか不明ですよね・・・
自殺説も考えたりしたのですが、それだとあの数字の羅列はなんなのか説明できないし
少なくともエピローグでのエヴァの態度からして、エヴァは譲治殺しの犯人ではないと思っています
by: 箱○ * 2008/08/20 19:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

魔女さまの脚ぺろぺろ
by: あすけ * 2008/08/24 18:15 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

 そうですな、色々ありますが
 かつての綿流し編読破後と同じ感想です。
「それでも理屈抜きでベアトを信じる」
 いつの日にか 彼女の真意、ないし真相が判明するその日まで。
by: 真十郎 * 2008/09/12 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hayaborokken.blog116.fc2.com/tb.php/70-8ca4e09c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。