スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
EP1における紗音の、神鏡の存在に対する認知についての考察。
世間的に今日はセンター試験ですね。

まずは、受験生の皆さん頑張ってください!

自分もちょうど365日後にセンターを受ける身なので、他人事のよう言ってられません。
今年は記事を書く間隔がかなりバラバラになると思いますが、
これからも変わらない応援よろしくお願いします!

今回は予告の通り、EP1において紗音が神鏡の存在を認知していた場合の考察を
書きたいと思います!

前回記事の続きのような感じで書いてありますので、
是非、前回の考察と併せてご覧ください!→EP2の鎮守と、EP1の関係性に関する考察

本編のネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意ください!

それでは、見たい方は続きからどうぞ!
前回では、EP1において紗音が神鏡の存在を知らないものとして記事を書きましたが、
そうして理由は、EP1とEP2においての比較をする上で相違点を作るためです。
同じものを比較しても全く意味はありませんからね。

そこで、今回は比較ではなく、うまく2つのエピソードを関連付けられるように
話を進めていけたらと思います。

まず、今回の考察を書く上で重要になってくるのが、EP1の位置づけについてです。

竜騎士先生によると、EP1は『ドラクエでいうと、一番最初の村にありながらも
最後の鍵を手に入れないと空けることのできない宝箱』という位置づけらしいです。
つまりは、全てのエピソードをクリアすれば内容が理解できるということです。

↑ということは、1つのエピソードをクリアするごとに、EP1を理解するためのカケラが
揃っていくという風に考えることができます。
EP2も例に漏れず、そのカケラが隠されていると言っていいでしょう。

そしてそのカケラというのが、この『紗音と神鏡の関係』ではないでしょうか。

EP1において、ほとんどのキャラが『ベアトはいる』とかほざいてましたが(笑)、
彼らがベアトを信じるようになった所以は何一つ書かれていませんでした。

そしてEP2になって、紗音と嘉音がベアトを信じる過程(紗音と神鏡の話)が
描かれていました。つまり、このEP2での話が、EP1にも適用できる可能性が
あるということです!

ここでようやく、紗音が鏡を認知していたら。。。という話が出てきます。
それについてチャート形式で表すと・・・

          EP1において、紗音は鎮守の神鏡の存在を知っていた。
                         ↓
        意図、または落雷のどちらかによって鏡は割れた(消滅した)
                         ↓      
      譲治との恋愛は、神鏡が割れたから発展したという勘違いをしてしまう。
         (実際は鏡とか関係なく、二人は結ばれる運命にあった)
                         ↓
        年に一度の親族会議が開かれる(ゲーム上でのEP1スタート)
                         ↓
        恋仲は鏡が割れたから発展しているという勘違いをしているので、
                 戦人に『ベアトはいる』と話す。
                         ・
                         ・
                         ・

上記のような感じです。
つまり、実際のEP1スタート時(右代宮一家が空港に集合する場面)以前に、
上記のチャートのような話が存在しているということです。

鏡の存在を知らなかったら、譲治との恋愛は自力で成就したと思うはずですから、
紗音が心からベアトを信じる根拠が無くなってしまいます。
つまり、それではEP1で彼女がベアトを信じているというのは矛盾に値します。
よって、EP1において彼女がベアトを信じている背景には、何かしらの理由
(上記のチャート様なもの)が存在していると見て間違いないでしょう。

EP2では鎮守内に設置してあった神鏡を紗音が破壊する場面が描かれていましたが、
この神鏡を割った理由は、皆様もご存知のとおり『譲治と結ばれる為』でした。

そしてこの『神鏡を割れば好きな人と結ばれる』という情報を紗音に教えたのは
まぎれもないベアトリーチェです。しかしベアトは存在しません。
では、誰が紗音にこの情報を教えたのかということに当然なってくるわけです。

紗音は本編中で『自分は神様や幽霊といった非科学的現象を信じる体質だ』と
自ら言っていました。さらに六軒島に住まう者として、昔から建っている鎮守を
ベアトリーチェと関連付けて考えてしまうのも全く不思議ではありません。

そして鳥居の中に鏡があることをどうやって知ったのかについてですが、おそらく
熊沢の婆さん辺りから聞いたことがあったのでしょう。戦人が熊沢の婆さんから
『鳥居は、道中の修験者が海難事故防止を祈願して造った』という話を聞いている
場面があったはずです。婆さんは六軒島の昔話に精通しているようですからね。

つまり、もし故意的に鏡を割ったというのであれば、その理由というのは
譲治と結ばれたいがために、禁忌に触れるというアクションを起こすことで
自分の望みが叶うと思い込み、最終的に思いついたのが、ベアトリーチェに
関係しているであろう神鏡を破壊することだった・・・ということなのではないででしょうか?

落雷による鏡の消滅場合は、『ラッキーw』的な間隔ではないかと思います。w

最終的な結論としては、『EP1で紗音がベアトを信じている理由は、
EP2で書かれていたような事象がEP1でも発生していたから』
ということです。

以上で今回考察は終了です。皆様のご意見ご感想お待ちしております!m(_ _)m
スポンサーサイト
2008/01/19(Sat) | 考察(EP2終了) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

初めましてですが、とても面白い推理をされているので、コメントをしたいと思いました。

私も、犯人人間説を貫いているのですが、気になった事について




以下、個人的な推理を(妄想とも言う)


魔女の正体とは?

これは「鏡」だと思うんですよ。
「魔女」=「自分自身」
だと考えるとep2がすっきりしてくると思うような
鏡を割る~についての謎もこれで。

紗音に誰が情報を与えたというのは、誰でもなく自分自身なのでは?

こう考えると魔女登場シーン全てに筋道が通り、犯人人間説を貫けると思うんです。

霧絵と魔女の対面シーンも、

「あなたは誰?」

という問いかけに対して、

「本当は誰か分っているのだろう?」

魔女は答えを言っていません。
普通に見れば魔女と思うかも知れませんが、鏡だと思うことも可能なのでは?(苦しいかも・・・

紗音の婚約指輪について~辺りも自分自身の心の葛藤と考えればセーフ(苦し・・・

戦人と魔女の推理合戦も戦人と戦人の推理合戦とも見て取れるのでは?

ep1では、戦人は、

身内に犯人が居ると19人目を疑いたくなる

19人目が犯人と思うと身内を疑いたくなる

こんな風に葛藤していました。
それを体現したのがあの推理合戦だと思います(苦しくなってきた・・・


この妄想の根拠は、
序盤の方に、朱志香が、

「自分の中にもう一人の自分を作る」

って言った所でピーンときました。

そんな私は赤文字は毛頭も信じていません。
真実もあるけど虚偽もあると思っておけば。


ファンタジー部分も誰かの願望フィルターがかかってたのは明白ですし・・・




最後に、魔女の問いかけは前提条件からして間違っていると思ってます。


結局犯人は誰か?と問われれば、

楼座と使用人の中の誰かではないか?と思っています。(犯人は多分2人かなと)

魔女様の問いに

「顔面が潰されていて本人かの確認ができない。人間説かは可能だと言われた。だから、今回は顔を残しておいたぞ?」

いやいや、楼座生きてるから!戦人つっ込めよ!
これは完全な墓穴ではないでしょうか?
本当に読者に人間説を否定させようというのならば、前回と同じ人間を殺せばよかった。
なのに出来なかった。
=6人の中に犯人は居た
ということなのでは?


使用人が事件に絡んでいたと思ったのは、あの魔女の手紙を見た時思いました。
使用人ならば、金蔵の手紙を封筒をパクるのは容易い。
では、使用人の内誰か?といわれれば、
嘉音か源氏ではないのか?
どっちかは、分りませんが・・・
多分、嘉音かなぁと、

ep1の時点で犯人の計画を知っていたようですし、絵羽・秀吉殺し、密室、魔方陣を書けたのは彼が一番適任だと思っているんで。
ep2でも死体がありませんしねww
朱志香の願望フィルター及び赤文字否定説の私にはとても彼が怪しく思えてきます。

死体は無い。だけど魔女が死んだといったのだから死んだんだ

とかの言葉も気になりますし・・・



長々失礼致しました。
妄言だと笑ってスルーして下さってかまいません。

これからも、魔女に屈服せずに頑張って下さい
by: 名無し * 2008/01/21 18:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントを書かれた名無しさんの「ベアトリーチェは鏡(自分自身)」は非常に興味深い推理だと思いました。

嘉音が、「ベアトリーチェは湖に映った月であるが、月とは全然違う」といっているシーンがあります。
これも、自分の中に別の自分が存在していることを指す伏線なのかなとふと思いました。
by: haimao * 2008/01/29 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

 初めまして。トリエラといいます。
ハヤポーさまの考え方と私も近いのですが、現時点、魔女としてのベアトリーチェは信じていません。
 「魔女として」の意味は、金蔵の愛した人と言う意味のベアトリーチェは存在したと思うのです。屋敷を徘徊する幽霊としてなら、私は彼女の存在は、あって良しと考えています。
 ただ、彼女は無害。どちらかというと、観測者・傍観者の立場かと。

 あと、某Fateばりのバトルに関して言えば、わたしは「ものの例え」ではないかなー?と。とりあえず現実の何に置き換えればいいかは分かりませんが。
 アイがなければ見えないでしょうし、アイがあるなら見えるのかもしれませんが。
 これだけ書いて置いて結局分かりませんね~。それだけに、今後が楽しみです。

 初カキコですのでひとつ御贈答おばw

 うみねこのなく頃に キャラクター占い
 http://u-maker.com/336611.html

 わたしはラムダでした!アホの子かい!
by: トリエラ * 2008/02/04 05:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

>haimaoさん

別人格説ですか。。。新しいですね。w
確かに、あの霧江とベアトの対面シーンは何かありそうな気がします。

>トリエラさん

傍観世界からの観測というのは、私も同感です。
彼女が実際に存在していたとしたなら、
作中に出てきたベアチは幽霊だという可能性もありますね。

あのトンデモバトルは何かの例えという考えで間違いないと思います。
自分も何の例えなのかはまだ分かりませんが。ww

占いやらせていただきました!
自分はベルンカステル卿でした。www
梨花ちゃん大好きなので嬉しいです。。。www
by: ハヤボー * 2008/02/23 17:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hayaborokken.blog116.fc2.com/tb.php/52-50d47e82
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。