スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『うみねこのなく頃に』における非現実的要素についての考察。
おそらくこれが発売前最後の考察になると思います。

一つ前の記事の『ループに関する可能性』の関連記事として書きますので、
是非ともループ説と併せてお読みくださいm(_ _)m

もちろんこの記事単体でも読める内容になっております!

また、『ひぐらしのなく頃に』のネタバレを含みますので、
未プレイの方はご注意を!


では、続きからどうぞ!
前回書いたループ説に必要不可欠となるのが、非現実的要素です。

ただ世界がループしているだけでは何の意味もありませんからね。w

そこで考えられるのが、古手梨花のようにループ後でも記憶を
保つことのできる人間の存在です。

その記憶保持方法のひとつとして黒魔術が関与してくると思います。
そう考えると、記憶保持が可能なのは金蔵と真里亞に絞られますね。

そしてもうひとつ考えられるのは、六軒島のある場所に限って、
ループの際に起こる記憶消去が適用されないというものです。
これはあるPCゲームから得た発想ですが、もしこれが行われているとしたら、
六軒島の伝承に詳しい熊沢(使用人)がこの場所を知っているのでは
ないでしょうか。

とりあえず以上のような2つの可能性をあげたわけですが、今回は
ただ記憶を保持しただけでは意味がないと思います。
なぜなら、人を殺さないといけないからです。

殺した記憶だけを持ったままループ後の世界に行ったところで
それは無意味で、殺した証拠を何かしら所持したままループ後の世界に
行かないと意味がありません。

第四の晩に、頭を抉りて殺せ
第五の晩に、胸を抉りて殺せ
第六の晩に、腹を抉りて殺せ
第七の晩に、膝を抉りて殺せ
第八の晩に、足を抉りて殺せ

抉って殺すということで、おそらくその抉った部分を証拠として
ループ後の世界に持っていくのではないかと思います。
それを何らかの形で生贄として捧げるわけです。

つまり、記憶消去が適用されない場所が六軒島内にあるという方が
有力と言えるのではないでしょうか。



っていうかこの話をしているということは、自分の書いた記事
(OP動画を解剖する)の一部が早くも崩れ去ったことになりますね。w


以上で発売前の考察は終了です!なんかグダグダになりましたが(汗
実際の話はどうなのか。。。楽しみでしょうがないですね。w

でわでわ、皆様のご意見ご感想をお待ちしておりますm(_ _)m
スポンサーサイト
2007/08/15(Wed) | 考察(作品発売前) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

なるなる~。
ループ説もなかなかおもろいw
『記憶消去が適用されない場所』て考えがとても好き(why

晩てのを一夜と捉えるならば、事件が起こるのは2日間、
つまり2回しか晩が訪れないのだから、「第十の晩」てのに矛盾する。
この矛盾を解くためのループ説だけど、これらの仮定を踏まえるならば、実は一つ、それでも拭い切れない矛盾が発生する。
だって・・・・・・2日間の間に2回しか『晩』が訪れないのなら一度の事件での死亡者数が少ないのでは??
『連続大量殺人事件』と称される割に。。
なのでやはり、2日間で10回『晩』が訪れることになるんでないのかな~と俺は思ってるよ。。
その『晩』意味は・・・晩酌・・・食事?てなことになるのかな?

あと、体の一部を別世界に持っていくって考え、
ループ物になるならば、ナイス発想(グッ
これらの体の部分部分を組み立てれば、一応人のが形が出来上がりそうだしね!
生贄って線ありかも。

ただ、別世界に新しく物質を混入するってのは、質量保存の法則に背く事になるけど・・・
そんな細かいことは竜騎士さんは気にしないかもしれないw
by: TAYUU * 2007/08/16 03:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

>TAYUUさん

相変わらずの鋭い考察謝謝。w
毎回参考になりますm(_ _)m

大量殺人事件と2晩の殺人量については、自分も気になりました。これは今後の課題になりそうです。
by: ハヤボー * 2007/08/17 20:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hayaborokken.blog116.fc2.com/tb.php/5-5ce34aeb
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。