スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『うみねこのなく頃に』OP動画を解剖する!(改訂版)
とうとう『うみねこのなく頃に』のOP動画が公開されました!

動画が見たい方はコチラ→アニメイトTVチャンネル

OPは2種類あります。どちらも素晴らしすぎるデキなので、みなさん是非ご鑑賞あれ!

それで、以下ではそのOP動画について考察を書いてみたいと思います。

見たい方は続きからどうぞ!

<以下、改定した点>

Knoxについての翻訳と説明
まずは動画の初めに出てくる英文から・・・

---------------------
No Dine.

No Knox.

No Fair.

In other words it is not mystery.

But it happens.

All it happens.

Let it happens.

Once again.

No Dine.

In other words it is to starve.

Starve while demanding the fair, and die.

Which in gold. Beatrice.
-----------------------

これをそれなりに訳してみたいと思います!
(多少間違いもあると思いますが。。。)

--------------------------
Knoxの作品ではない。

Dineの作品でもない。

公平などありはしない。

つまりこれはミステリーなどではない。

しかしそいつが始めてしまう。

すべてはそいつが元凶。

そいつによって事件が起こる。

もう一度言う。

これはDineの作品ではない。

つまりそれは仲間を渇望するということだ。

公平を望む間に餓死するがいい。

金髪の魔女。ベアトリーチェ
----------------------------

英訳は以上です。主観を相当量交えつつ、かなぁぁぁぁぁり意訳してますけど・・・
(↑直訳だと意味わかんなくなるので。。。)

あと、KnoxとDineというのは、どうやらミステリ作家の名前らしいです。
(情報提供者・・・ミステリファンさん)

では次に、中盤に流れる物語上重要な意味を持つであろう文章を。。。

------------------------------
第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ

第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け

第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ

第四の晩に、頭を抉りて殺せ

第五の晩に、胸を抉りて殺せ

第六の晩に、腹を抉りて殺せ

第七の晩に、膝を抉りて殺せ

第八の晩に、足を抉りて殺せ

第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない

第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう
------------------------

最後に、やたら台詞が流れるシーンで重要そうな文章を。。。

-------------------------------
「森の魔女、ベアトリーチェに」
-------------------------------

では、以上を踏まえて自分の考察を書きたいと思います。

まずは英訳した文章についてですが、最後にベアトリーチェの名前があることから、彼女が書いたものであろうということが推測できます。

『そんな最中、魔女を名乗る人物から届く怪しげな手紙。
18人しかいないはずの島に漂い始める19人目の気配。
繰り返される残酷な殺人と、現場に残される不可解な謎。
何人死ぬのか。何人生き残るのか。それとも全員死ぬのか。
犯人は18人の中にいるのか、いないのか。
そして犯人は「人」なのか、「魔女」なのか。』

↑は作品紹介の一文ですが、序文に出てくる手紙がその英文なのではないかと思います。
そうすれば一応繋がりますしね。

次に、紹介文と途中の重要文章を組み合わせて考えると・・・

①第一の晩・・・最初は18人いてそこから6人が生贄として消える。
この時点で残された人間が12人。

②第二の晩・・・『寄り添う二人を引き裂け』とありますが、これが『二人の仲を引き裂け』という意味なのか、もしくは『二人をバラバラに引き裂いて殺せ』という意味なのかちょっと不明です。。。
もしも前者が正解だったとしたら、かなり重要な意味を持つだろうと予測できます。よって・・・
この時点で残された人間が10人(12人)

③第三の晩・・・文を読む限りでは、どうやら生贄的なものはなさそうです。ここでの『我が名』が指すものは、『魔女』か『右代宮 金蔵』ではないでしょうか。

④第四から第八の晩・・・ここで別々の箇所を抉られて5人が死ぬと思います。
この時点で残された人間が5人(7人)

⑤第九の晩・・・魔女が蘇り、全員の未来的な死が確定するようです。
この時点で残された人間が6人(8人)

⑥第十の晩・・・『黄金の郷』ですが、『宝の山』か『魔女の故郷(森)』を指すものではないかと思います。ですが、英文で『Witch in gold』と言っているぐらいですから、魔女の森が有力でしょう。

最後に、キーマンである魔女についでですが、動画にも登場する肖像画の少女が大本命、または右代宮真里亞ですね。黒魔術について精通しているという点では最も魔女に近い存在と言えます。
しかし名前だけで見ると、『真里亞』と『ベアトリーチェ』は関連付けらが難しいです。やはり絵画の少女がベアトリーチェということになるんでしょうか。。。

そういえば主人公らしき人物(ひぐらしでいう圭一)って誰なんでしょうかね。
自分的には戦人か真里亞かだと思うんですが。。。OPにもでっかく登場してますし。w

以上、長々と書きましたが、これで考察は終了です。
また、これはあくまでも予想ですので、ハズレても責任を取ったりできませんのでご了承ください!

発売まであと少し!やっぱコミケに行って買うのが1番かなぁ。。。w
スポンサーサイト
2007/08/07(Tue) | 考察(作品発売前) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--通りすがりに--

Knoxってのは作家の名前ですね。
Dineも同じくです(晩餐に引っかけてあるかもしれませんが)。
ミステリーのルールはまったく無視される、
(それでも解いてみろ)という宣言だと思います。
by: ミステリファン * 2007/08/14 16:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ミステリファンさん

そうだったんですか!!Σ(゜∀゜)

情報提供ありがとうございます!m(_ _)m
by: ハヤボー * 2007/08/15 18:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hayaborokken.blog116.fc2.com/tb.php/2-5c0ccc7c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。